カートに商品がありません。

現在の中身:0点

買い物かごを見る

楽器カテゴリーから探す

さらに絞り込む

価格帯

円〜

コンディション

店舗

さらに絞り込む

楽器の状態

製造年代



 
 
 
 
 
 
 
  • トップ
  • エレキギター
  • Kino
  • 【池袋店本館】 Kino treebud7 Ash Figure Maple Top Trans Pink 【極杢個体】【良音個体】【超軽量個体】【新品】
picture
戻る
もっと見る
11h-1910-03980002

【池袋店本館】 Kino treebud7 Ash Figure Maple Top Trans Pink 【極杢個体】【良音個体】【超軽量個体】【新品】

440,000
商品コード 11h-1910-03980002
取扱店舗 池袋店 本館
希望小売価格 円)
販売価格 484,000 (税別価格:440,000 円)
コンディション 新品
数量
分割手数料0%実施中!※一部対象外もございます


都内でも殆ど取り扱いのない国産ギターブランド"Kino"が当店に初入荷致しました! こちらのモデルはディンキーシェイプよりも更に一回り小ぶりな取り回しの良いモデルとなります! 7弦ながらも超軽量な個体です!


こちらのページをご覧頂いている方は、Kino Factoryをご存知でしょうか。
Kino Factoryは代表且つビルダーである木下氏が長野県塩尻市で立ち上げたギター工房です。
近年日本のギター工房が台頭しつつある世の中ですが、国産であるという点以外に拘りや魅力を感じる事が出来ないメーカーも多少なれど見受けられる様になりました。

Kinoというブランドは何が優れているのか、どのような特徴があるのか。恐らく初めてKinoのギターをご覧頂いている方はお気になるところではないでしょうか。
まずKinoの特徴を一言で言い表すのならば、"絶え間ない革新"と言うべきでしょうか。

代表の木下氏は停滞や惰性を非常に嫌がる方で、常に新しいものを追求したいと考えているビルダーです。
Kinoのギターは形状としてのモデルは存在しておりますが、モデルに固定のスペックというものがございません。

通常のギターブランドであれば、ボディー材やピックアップ、パーツ類といったスペックを画一化または限定的に選択肢を作る事でコストダウンと工程や管理の簡略化を図ります。
例えば木材に限っても、使う木材を限定する事で木材の消費ペースや生産の見通しを立てる事が出来るようになります。そして使う木材が限定されるからこそ木材を大量に仕入れ、木材の単価を落とす事がコストダウンへと繋がります。これらは大手のギターメーカーだけではなく、個人工房等でも基本的な戦略となっております。

しかしKino Factoryでは上記の様な木材やパーツの規格化は行っておりません。
ギターのスペックを決めつけない事で、木下氏やプレイヤーが良いと思う新しい組み合わせを自由に生み出す事が出来、そして世の中に新たに出回った新しい要素を気兼ねなくふんだんに取り入れる事が出来る様になるからです。

この自由な発想は木材やパーツだけに留まっておりません。
Kinoのギターにはチェンバード(穴抜き)を採用しているギターも多く作られておりますが、このチェンバードにも固定の規格というものが一切存在しておりません。
木材の特性やパーツとの兼ね合い、個体に合わせた感覚、オーダーしているお客様の希望等に沿って自由自在に穴抜きの量や形状を変更しております。
その為、殆ど穴抜きをしない個体もあれば、セミアコ並みに大胆な穴抜きを行う事もあったりと、ギターにとってのベストを尽くしております。

この、コストを考えずに新しいものを取り入れる姿勢から採用されている仕様で私がどうしても知って頂きたい拘りに関しても記載致します。
みなさんは、アンカーブロックというパーツをご存知でしょうか。
パーツとしては以前から販売されているのですが、ご自身のギターや世の中に出回っているギターに搭載されているのを見たことがある方は殆どいないと思われます。
珍しいことに、Kinoのギターには基本的にこのアンカーブロックを搭載しております。
このアンカーブロックを何故他のブランドでは使用しないのかというと、コストや手間がかかる点とアンカーブロックを入れずともギターが成立してしまう点にあります。
アンカーブロックは、木部に直接トレモロユニットのネジを打ち込まないで済むようにするパーツなのですが、先述の通り木部に直接ネジを打ち込んでも特に問題はございません。
しかし、何十年もギターを使用した場合トレモロユニットのネジは特に木部へ負担を与えてしまう為、ゆくゆくは木部がダメになってしまう可能性がございます。
Kinoのギターは、コストや手間がかかる事を厭わずにアンカーブロックをブリッジ下に入れております。
そうする事で木部への負荷は最低限に抑える事が出来、何十年もの使用にも耐えうるギターとなるのです。
また、サウンド的にも非常に大きなメリットがございます。
アンカーブロックを入れる事でブリッジ部の重量が増す為、サスティンの向上や低音の出音にも大きな影響を与えます。
特にこちらのモデルはディンキーシェイプのストラトよりも更に一回り小ぶりなギターなので、アンカーブロックによる低音の向上によりバンドサウンドの中でも埋もれない存在感を出力する、欠かせない要素の一つとなっております。


デザイン的な拘りも非常に強いのがKinoの良い点です。
こちらの個体もその例に違っていないのですが、基本的にKinoのギターはヘッドロゴやインレイ、ノブの素材を同じ素材になる様にギターを製作しております。
この個体でいえば、白蝶貝をベースとしている為それぞれの箇所全てに白蝶貝を施しております。
私自身このような拘りを見せるブランドは昨今殆ど目にしたことが無く、非常に驚いてしまいました。
他にも、ネックジョイントのプレートも既製品にKinoのロゴを入れるのではなくオリジナルのプレートを採用している点も個人的に好印象です。


最後にこの個体に関してでございます。
サウンド的には小ぶりなギターとは思えない程しっかりとした存在感を持つ個体で、7弦ながらもオールジャンルでの演奏に耐えうる珍しいギターだと個人的には考えております。
ハムのサウンドはハイゲインのセッティングとの相性が抜群に良いですが、クリーンなセッティングでフロントを選択すれば、ファットでメロウな濃いサウンドを楽しむ事が出来ます。
7弦の王道ともいえるハイゲインサウンドとの相性が最高にマッチしている当個体ですが、個人的なオススメのセッティングはクリーンサウンドです。
通常7弦ギターのクリーントーンはピックアップの出力や狙っているジャンル故にモコモコと篭りガチなのですが、この個体は驚く程クリーンサウンドが明瞭で透明感のあるサウンドに仕上がっております。
その為、7弦ギターでありながらも6弦ギターのような使い勝手の良さを誇り、本当の意味でのオールジャンルなギターであると私は感じております。


Spec

Body Top:Flame Maple
Body Back:2-Piece Ash
Neck:Flame Maple (Quarterson)
Fingerboard:Flame Maple (Quarterson)
Nut:Oild Bone
Neck Shape:U
Scale:648mm
Radius:300R
Frets:22F(#55090)
Pickup:Bare Knuckle Black Dog7 ×2
Control:1V1T、Mini Switch(Coil Tap)、3Way Lever PU Selector
Tunner:Gotoh SG381-P7C MG-T
Bridge:Hip Shot 7 String US Contour Tremolo
Case:Gator GT-Electric
重要:3.05kg

付属品:正規保証書、アーム、Gig Bag、その他付属品

詳細はお問い合わせください。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪
全国通信販売も承ります。

楽器の詳細及び通信販売の手続き方法は、
お電話かE-mailにてお問い合わせ下さい。

黒澤楽器店池袋店本館3Fハイエンドギターフロア
東京都豊島区東池袋1-4-4
TEL 03-3590-9638
ike@kurosawagakki.com



※メール・電話での商品問い合わせ時には、
下記の店舗名・問い合わせ番号をお知らせ下さい。

  • メールアドレス:test@sample.com
  • TEL:XXX-XXXX-XXXX
店舗名:
あいうえお
問い合わせ番号:
A001B1234567890